活用シーン

2019年5月23日

AIアシスタント活用シーン 
よくある社内問い合わせの内容を整理し定型の応答文を用意すれば、AIアシスタント・チャットボットがまいなさまに正確な情報を提供します。LINEやグーグルスピーカー・スマートフォンで応答をお伝えすることができます。

お客様からのお問い合わせ満足向上とコスト削減(AIアシスタントによるコスト削減)

AIアシスタントで業務効率化 お客様満足向上 働き方改革

いままでは、お問い合わせ窓ぐちへのお問い合わせは、1日に100件を超えるという会社もあり、人件費だけでひと月に数百万円もかかるケースもあります。
すべての問い合わせをAIアシスタント、チャットボットで対応するのは難しいですが、一般的な質問や回答を、AIアシスタント、チャットボットが応対することで、問い合わせ対応窓口業務の軽減ができる他、お問い合わせのお客様の待機時間の解消や、安心感にもつながります。

自社質問リストの利用価値向上(AIアシスタントによる利用価値向上

Webサイト上の静的な自社質問ページは、質問者が「質問を探す」という行動が必要でした。
お問い合わせに対する応答をAiアシスタントに勉強させることで、回答シーンに利用でき、電話やメールよりも気軽に利用いただけ、お客様満足に貢献いたします。

  • このサービスの担当者は誰ですか?
  • このシステムは、どのように利用したら良いですか?
  • 技術に関する資料はどこに?
  • 開発担当者は誰?

 学生さんからの一次問い合わせへの回答速度の向上と労働効率化
(AIアシスタント労働効率向上)

あらかじめ学生さんからのよくある質問や、想定される質問を、AIに学習させておき、質問に自動対応します。

  • 入社の動機やきっかけを教えてください。
  • ほかにどんな業界や企業と、どんな点で悩みましたか?
  • 就活の時にやっておいた方がいいことは何かありますか?
  • エントリーシート作成や面接の際のアドバイスはありますか?
  • 会社のルールについておしえてください

 自然言語処理技術を使って開発した問い合わせAIサービスを利用して、迅速な回答と、業務効率に役立てます。

医療機関様 (医療機関さまでのAIアシスタント活用)

インフルエンザの予防接種は? 入院の面会時間は? 入院費の精算について教えてください。

在宅認知症の対応方法について教えてほしい (導入事例)(ご活用事例)

在宅認知症での対応方法のヒントをまとめ、質問に対し、24時間365日対応します。
地域包括支援センターの活用や、病院、ケアマネさんへの相談のまえに気軽に聞けると好評です。

「業務マニュアルを共有」しています。 クリニック様
 クリニック様でのAIアシステント利用場面

医療の現場では、多忙からなかなか、マニュアルを作成しても活用されませんでした。
今までは、対処したくとも、できない状況が続いていました。そんなとき、こちらのサービスを教えてもらい、導入したところ状況が改善しました。
院内マニュアルは専門用語が多いので、平院のマニュアルをAIに教えることで、人に頼っていた業務を再構築でき、人がやること、Aiがやることを整理でき、業務の効率化ができました。働き方改革に利用できそうです。

店舗認知症対応(導入事例)(ご活用事例)

店舗で認知症かもしれない方に対応する方法をAIスピーカーや、OKgoogleがお答えします。
横浜市西区の取り組み例をもとに開発しました。

営業・店舗・代理店さんから

  • 製品の提供開始時期はいつですか?
  • この商材の担当者は誰ですか?
  • お客様事例を知りたいのですが。
  • 今回のPRポイントはなんですか?

社内解決事例 AIアシスタント社内解決事例

他のことをやりたいが時間がない。
あの人に聞かないとわからない。
業務とコストの兼ね合いが理解されていない。
会社独自の決まり事も、アシスタントが学習して、問い合わせに回答いたします。
申請書の作成方法やよくある社内の問い合わせをアシスタントが対応いたします。

松尾圭輔のいじめ相談  採用事例

心理カウンセラー松尾圭輔のいじめ相談

学校でのいじめによる不安・悩みなどを 心理カウンセラーの 松尾圭輔がBOTとしてご相談に対応いたします。

LINEによりご相談の対応をご体験いただけます。

お気軽にご相談ください。 092-437-1110 

導入を検討したい、詳しく聞きたいと言おう方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 092-437-1110

Posted by saito